女性に嬉しいプエラリア配合のサプリメント

婦人

ゴマで肝臓の機能を高める

ごま

ゴマの希少な栄養素

ゴマに多く含まれるセサミンは強い抗酸化力を持ち老化の原因である活性酸素を取り除く機能があります。米や麦にも含まれていますがゴマの方がはるかに多く含まれています。それでもゴマの0.5から1.5%程度しか含まれていないためかなり希少で、1日の摂取量の目安である10mgはゴマ3000粒になってしまいます。ゴマからセサミンなどを摂取するには生のままよりすり潰した方がいいのですが、糖脂質やタンパクが多いので高カロリーになります。そのためセサミンだけを抽出したサプリメントを使用することは効率的です。自然にある食物から採取されるため副作用の心配もありません。日常の食生活の中でゴマを摂るのならドレッシングやごま豆腐、ごま和えの料理にするのがいいでしょう。

肝臓に直接効く

セサミンの特徴は肝臓で効果を発揮することです。肝臓は物質の代謝や解毒の機能をもち大量の酸素を必要とするため活性酸素による影響も強く受けてしまいます。セサミンは胃腸では分解されず肝臓へ運ばれる通過点である静脈で吸収されるので肝臓に直接働きかけ、肝臓で発生した活性酸素を退治して肝機能を高めてくれます。これにより二日酔いや高血圧の予防、疲労感の改善に役立ちます。セサミンの持つ抗酸化力は動脈硬化も防いでくれます。食べ過ぎなどで体内の悪玉コレステロールが過剰になり、これが活性酸素によって酸化されると血管の内壁に付着して動脈硬化を引き起こすからです。美容の観点から見るとアンチエイジングの効果もありますが、がんや生活習慣病の予防といった効果も期待されています。